TOP > 介護サービス関連情報 > システム導入後の取り組みについて

システム導入後の取り組みについて

介護する家族
業種を問わず業務効率化をはかるシステム導入が進められていますが、当社も介護事業請求システムなどのご提案を行っています。システム導入後の取り組みについて、ご紹介します。

業務手順の再確認

介護事業請求システムに限らず、全てのシステムは業務を効率化するためのものです。

つまり、各事業所によって違う業務手順や考え方を無視すると、現場の作業をシステムに合わせるという矛盾が発生しかねません。そのような矛盾に陥らないために、各事業所様で磨かれてきた業務手順を再確認しシステムを活用させるべきタイミングはどこなのかを再確認しておくと安心です。

簡単な操作マニュアル

介護事業に従事するスタッフには、パソコンを使用する業務がメインではないスタッフもいらっしゃいます。直感的に操作できる介護事業請求システムが便利ですが、システムを使用するスタッフには最低限の操作を一連の流れとして覚えていただく必要があります。

日常的な業務手順と連動した操作方法を簡単なマニュアルにしておくと、データを取りまとめる責任者様の負担も軽減できます。当社はシステム導入後のアフターフォローの手厚さでもご好評いただいておりますので、操作に必要な資料に関してもお気軽にお問い合わせください。

保守サポートへの連絡を周知

当社システムは、長くご活用いただくために法改正によるバージョンアップなどにも対応しています。

時には、責任者不在のタイミングでリモートサポートをさせていただくことも、可能性として考えられます。保守サポートとの相互にご連絡いただく際に連絡先や、サポートにご連絡いただく前に調べておくべき情報など、事業所様で周知いただけると保守管理がスムーズです。

一般的な業務効率化システムと比較すると、様々な介護事業請求システム導入には介護保険に関する法改正の可能性を考慮する必要があります。導入後のことまで考えた介護事業請求システムでしたら、是非当社にご相談ください。

ご希望の方はこちらから
ページトップへ戻る