TOP > 介護サービス関連情報 > 介護業界の差別化について

介護業界の差別化について

日本では少子高齢化の影響もあり、介護業界に対しての注目が高まっています。高齢者が増加するにつれ、必然的に社会福祉施設に対しての需要も高まっています。そのため現在では多くの施設が点在しているため、施設経営者は競合と差をつけるために「差別化」を図らなければなりません。

視点を変えた差別化

差別化と聞くと「サービスの改善」と考える方も多いかもしれません。確かにサービス自体に差別化を図るのも大切ですが、サービスの土台となるものを改善することも大切です。例えば、従業員の労働管理や業務に関する情報の管理・共有です。利用者に提供するサービスは、従業員や利用者の情報、施設の運営ノウハウなどあらゆる要素が組み合わさって初めて生まれます。

その要素となるものひとつひとつに焦点を当て、改善していくことでサービスの質の向上につながる可能性があります。労働環境の差別化、情報共有・管理の差別化、運営ノウハウの差別化など、武器になり得るものはたくさんあります。差別化と称してサービスだけに目を向けるのではなく、他の部分に焦点を当てることで、あらたな発見ができるのではないでしょうか。

その場しのぎの差別化とは

介護業界に対する注目度が高まる中で、今では介護業界に特化した専門的な機器も多くなってきました。
最新機器を導入することで、サービスの質が向上するほか、従業員の負担の緩和につながるかもしれません。最新機器の導入はサービスの向上に欠かすことができませんが、これは「差別化」には当たりません。

何故なら、競合となる施設が同じ機器を導入すれば、再度同じ土俵に乗ってしまうからです。簡単に真似できない差別化となると、先述した「労働環境の差別化」や「業務システムの差別化」など、施設内の環境の改善ではないでしょうか。あまりにその場しのぎになると、あっという間に競合に追いつかれ、差別化の意味がなくなってしまいます。

今では、医療介護請求ソフトなど業務効率化を図る手段はたくさんあります。業務効率化を図り、競合との差別化を図りたいとお考えなら、是非当社の業務ソフトをご活用ください。

ご希望の方はこちらから
ページトップへ戻る