TOP > 介護サービス関連情報 > 介護保険事業の難しさ

介護保険事業の難しさ

介護
デイサービスや訪問介護など、介護保険が関わるサービスを提供する事業は年々広がりを見せています。当社でも介護保険請求ソフトの導入サポートに関するご相談は特に多いです。その中には、介護保険そのものに原因がある運営の難しさでお悩みの経営者様も少なくないようです。

関わる人が増加

日本は現在超高齢化社会と言われています。内閣府によると2060年には人口の2.5人に1人が65歳以上の高齢者になるという統計結果もあるほどです。介護保険は65歳以上、もしくは40〜64歳の被保険者によって成り立っている保険制度です。制度の内容以前に、介護保険を利用する方やサービスを提供する事業者は増える一方になると予測されています。利用する側もされる側も、簡単で安いスマートなサービスの実現を求めているのではないでしょうか。

介護現場のサービス多様化

介護保険で対象となるサービスは多種多様を極めています。介護保険サービスを提供する事業者様も同業他社との差別化を図るために、様々な新規サービスの展開をご検討中かと思います。介護保険サービスの多様化を実現するため、現行の請求システムに限界を感じているという現場では、常に進化し続けるバージョンアップサポート・法改正サポートに加えて、それぞれの事業所に合わせたカスタマイズもご相談いただける介護保険請求ソフト導入の必要性を感じていらっしゃると思います。

算定方法が複雑

介護サービスを受けるためにかかる費用、つまり介護報酬は利用したサービス内容・性質、利用した時間・時間帯、利用者の要介護度によって変わってくるものです。その算定方法は難しいだけでなく、今後の法改正の中でさらに複雑化していくことも予想されます。介護事業を運営する経営者様にとっては、適正報酬の確保や担当者の労務管理など悩みの種となっているのではないでしょうか。そのようなことから、簡単な操作とシンプルな画面で直感的に操作できる介護保険請求ソフトが注目されています。

これからニーズが高まる制度に基づくサービスのご提供をシンプル化するのならば、当社で取り扱っている安価で算定方法をシンプルにする業務用ソフトを是非ご検討ください。

ご希望の方はこちらから
ページトップへ戻る