TOP > 介護サービス関連情報 > 人手不足の介護業界

人手不足の介護業界

介護業界は慢性的な人手不足に悩まされています。少子高齢化で高齢者の割合がどんどん増加しているため、このままでは人手不足が深刻化する一方です。

介護職員だけではない介護業界

介護業界というと、食事介護や入浴介助などを行う介護職員のイメージが強いですが、介護職員以外にも様々な職種のスタッフがいます。1つの介護施設を運営するために健康管理を行う医師や看護師、食事を作る栄養士と調理師、利用者の入所手続きや相談を受ける生活相談員、介護保険の請求手続きを行う事務員といったヘルパー以外のスタッフが働いています。

これらのスタッフが全ての施設に在籍しているわけではありませんが、介護にはこれだけたくさんの職種が関わっているのです。人手不足の介護施設では、1人のスタッフが複数の業務を兼務している状況が続いています。兼務になると1人で2~3人分の業務をこなさなければならないため、背負う責任が大きくなり労働時間も長くなります。

人手不足はサービスの質が低下する原因

介護施設が人手不足になると、利用者へ質の良いサービスが提供できなくなってしまいます。複数の業務を兼務することで1つ1つの仕事に集中して取り組むことができなくなったり、新人研修の時間が作れず経験不足のスタッフをすぐに現場へ投入したり、これらは全てサービスの質を低下させる原因になります。サービスの質が低下すれば利用者に満足していただくことができず、施設の信頼感が失われてしまいます。また、質が低下すると大きな事故を起こす危険性も高まります。利用者が安心して過ごせる介護施設にするためには、スタッフが無理なく働ける環境作りが必須です。

介護保険請求ソフトの導入で負担を軽減

介護事務の中でも請求額を算出する業務はとても複雑で時間がかかります。当社では、請求額の算出や入金管理が簡単にできる介護保険請求ソフトをご提供しております。この介護保険請求ソフトは、介護保険制度の変更にも即座に対応でき、導入後のサポート体制も整っております。介護施設で働くスタッフの負担を軽減したいとお考えの方は、当社へご相談ください。

ご希望の方はこちらから
ページトップへ戻る