TOP > 介護サービス関連情報 > 介護事業の労務リスク

介護事業の労務リスク

働く場所という観点から見た時、介護に関する職業は悩み多き職場と言えるのではないでしょうか。
事業主様にとっては、スタッフの労務管理も頭を悩ませる案件の1つです。

長時間労働

介護事業は、長時間労働になりがちなサービス内容です。宿直や利用者の急な体調変化、送迎中の安全確保など緊張感もある中で臨機応変な対応を迫られることも多いです。特に1人の利用者に対して訪問・通所・入所系サービスなどを複合的に行う場合、請求すべきサービス費用の算定も難しくなります。訪問看護請求ソフトといった業務用ソフトの導入により、業務を効率化するなど労働時間を短時間化することが求められています。

利用者との金銭トラブル

訪問看護やデイサービスに限らず、介護の現場では介護するスタッフと介護される高齢者との信頼関係が第1になります。しかしそうした信頼関係からくるやり取りが金銭トラブルの元になってしまい、時には裁判にまで発展する大きなリスクを孕むケースもあるようです。訪問看護請求ソフトで料金形態の明示や算定方法の明確化をすることは、業務効率化を図る訪問看護システムというだけでなく、事業所全体の労務リスク回避にもつながるものになります。

定着率の低さ

介護現場での離職率は労務管理の中で大きな課題となっています。長時間労働などの速やかな改善は、介護事業のスタッフ定着率につながるものです。定着率の上昇を図るためには、スタッフのモチベーション維持や業務効率化によって「働きやすい職場」にすることが必要なのではないでしょうか。当社の訪問看護請求ソフトは安いだけでなく、リモートサポートといった保守サポートにも対応することで、働きやすい介護現場作りのお力添えが可能です。

訪問看護請求ソフトの導入は、現場で頑張っているスタッフの業務軽減や効率化も大きな目的の1つとして挙げることができます。労務リスクの軽減とも深く関わる社内システムの構築なら、お気軽にご相談ください。

ご希望の方はこちらから
ページトップへ戻る